屋根塗装なら当サイトにお任せ!

屋根塗装で知っておきたい屋根の寿命

屋根塗装で知っておきたい屋根の寿命 屋根の寿命は一般的に20~60年と言われていますが、屋根塗装の目安は10年とされています。
外壁よりも風雨や紫外線に晒されることが多いので注意しましょう。
種類によって寿命はそれぞれ異なりますが、耐用年数の前までに塗装が必要となります。
きちんと屋根塗装を行うことにより、防水性を保つことに繋がります。
ちなみに、日本瓦だけはメンテナンスが不要とされていますが、もちろん全く劣化しないというわけではありません。
屋根は風雨や紫外線が常に当たるため、外壁よりも早く傷んでしまいます。
耐久性に優れたシリコン塗料なら10~13年もつと言われていますが、環境によっては8年程度しかもたないこともあります。
そのため心配な場合は早めに屋根塗装をするのがおすすめです。
塗膜が劣化すると防水効果が失われてしまいますし、雨水が内部に侵入することで柱や梁を腐らせます。
まだ雨漏りしていないと考えている場合でも、知らないうちに症状が進行してしまうこともあるので注意しましょう。

屋根塗装の塗装時期は屋根の状態や季節がポイントです

屋根塗装の塗装時期は屋根の状態や季節がポイントです 屋根塗装を検討する場合には、どのような時期が適しているのかを知っておく必要があるでしょう。
まず塗装した方が良いと思われる症状の時期としては、屋根から雨漏りがしてくるなどといった症状です。
雨漏りが見られる場合は機能的に劣化している事の表れですし、場合によっては屋根全体を替える必要性も出てきますので注意が必要です。
そして実際に屋根塗装を施工する塗装時期としましては、気温が5℃以上かつ湿度が85%以下の気候が望ましいとされています。
これは地域によって異なりますが、寒い地域の冬の時期の塗装は難しくなってくるでしょう。
また湿度の高い梅雨の時期などは塗装の乾燥に時間がかかりますので、あまり適している時期とは言えないのが事実です。
そのため最も適している塗装時期としては、塗料の乾燥に必要になる日照時間も確保しやすい春や、梅雨が始まる前の季節が望ましいです。
これ以外の季節に屋根塗装の施工はできない事はありませんが、作業の日程が多くかかってしまうなどのデメリットも考えられます。

新着情報

◎2024/2/16

情報を追加しました
>屋根塗装で今までよりも耐久性を高める塗料と下塗り剤
>屋根塗装は色彩選びがとても重要になってくる
>屋根塗装で断熱性の有無を判断する際のポイント
>屋根塗装のリフォームには補助金が支給されることがある
>屋根塗装は施工をする範囲によって料金が変わる

◎2023/4/17

情報を追加しました。


>屋根塗装をする目的は一体どんなことがあるのか
>屋根塗装に掛かる費用を軽くする複数の方法と考え方
>モルタルの屋根塗装の特徴と注意点を抑える
>屋根塗装は機能と価格のバランスをとって決めたい
>損傷により屋根塗装が厳しい場合に選べる対応策

◎2022/6/20

情報を更新しました。
>屋根塗装で断熱性を向上させ省エネ効果を期待する
>DIYで行う屋根塗装には絶対に必要な安全対策
>屋根塗装をすれば雨漏りは同時に修理できるのか?
>コケやカビの発生は、最適な屋根塗装の目安
>屋根塗装では遮熱性を重視することが節約に

◎2021/1/22

費用相場の調べ方
の情報を更新しました。

◎2020/11/13

作業手順とかかる期間
の情報を更新しました。

◎2020/8/7

屋根塗装の費用相場
の情報を更新しました。

◎2020/07/31

サイト公開しました

「塗装 時期」
に関連するツイート
Twitter

俺の技量ではガンダムアーティファクトはとりあえず組んで塗装するまでで手いっぱいで仕上がりも汚いものになるんだけど、00年代初頭の食玩バブル時期に出ていた塗装済み完成品フィギュアよりは若干マシなので、これで満足しておくわ。

返信先:やってたのかこの時期忘れてたな。塗装サンプル無しだと不安だが

返信先:他1了解です🫡 日本の夏…湿気の夏…!! 梅雨の時期って塗装やるの…めちゃくちゃ危険ですね(´・ω・`) 外出られないから落ち着いて模型やるのにいい時期じゃん!とか思ってました……甘かった…

外壁塗装 築10年ではまだ早い?チェックポイントで塗装時期を確認しましょう | マルミNEWS | 横浜の外壁塗装は一級塗装技能士在中のマルミ美装工芸で

返信先:湿気多い時期はあった方が良いですね。塗装中に水吹くと塗装面ボコボコになっちゃうので。